中国語|“应该”と“应当”の違い

“应该[yīng gāi]”と“应当[yīng dāng]”は共に「当然・・・すべきだ」という意味で、書面でも話し言葉でも使われます。

よく混同して使われますが、以下の違いがあります。

※繁体字は「應該」「應當」

应该应当
立場上・・・すべきだという意味を含み、語気は強め。命令のニュアンスが強い。道理上・・・すべきだ」という意味を含み、語気は軽め。さとニュアンスが強い。

 学生应该(/应当)好好学习
   (学生はしっかり勉強すべきだ)

   你应当(/应该)感谢你的父母
   (あなたは両親に感謝すべきだ)

“应该”と“应当”の違いはわずかなので、入れ替えても問題なく伝わります。

命令っぽく強めに言いたい時は“应该”を、諭す感じでトーンを落として言いたい時は“应当”を使うって覚えるといいです。
つあちゃん

天冷了,应该泡泡温泉,暖暖身子。
(寒いから温泉で暖まらないとね)

-中国語