蜗居 [wō jū]

狭苦しい住居、ウサギ小屋

「蜗牛(カタツムリ)」の住まいのように狭苦しい住居のこと。

謙遜して自分の家を「狭苦しい家.陋屋(ろうおく)」という意味で呼ぶ。

また、一日中家にこもってテレビを見たり、本を読んだり、ゲームで遊んだりして外に出かけようとしない行為を指すともされる。

さらに結婚したものの不動産が高すぎてマイホーム購入を諦めざるを得ない処遇を表現するためにも使われる。

家のローンの返済ために働き苦労している人たちは、重い殻を背負っているカタツムリを連想させるという。

-中国語