悠遊カードが買える松山空港の窓口やコンビニの位置&買い方

松山空港で悠遊カードを買える窓口 悠遊カード

悠遊カードは、台湾旅行でとっても便利な交通系ICカードです。

メトロやライトレール、バス運賃の支払いが楽にでき、運賃の割引もあります。また、買い物で利用するとお得になるキャンペーンもあります。

ここでは主に、 悠遊カードを買うことのできる

  • 松山空港の窓口の位置と買い方
  • 松山空港にあるコンビニの位置と買い方

について紹介します。

スポンサーリンク

購入場所と買い方

悠遊カードは松山空港にある窓口とコンビニ(セブン)、さらに台北メトロの「松山空港」駅でも買うことができます。

私
つあちゃん

かわいいデザインの悠遊カードがほしい!という方は、コンビニでお気に入りのデザインのものを探してくださいね‼

スポンサーリンク

トラベルサービス窓口

下のトラベルサービス(中国語:旅遊服務)の窓口で購入できます。

松山空港HPでは、ここでの取扱業務は「悠遊カードの販売」としか書かれていません。ここではカードの購入のみでチャージはできないようです。

WIFIHERO HPより引用

到着ロビーに出ると目の前にあります。

WIFIHERO HPより引用

 

窓口での買い方

ここでは、優待カードとiPassカードを販売しています。

空港なので、英語で「イージーカードプリーズ」と言えば伝わります。 悠遊カード「悠遊卡(ようようカー)」というので、「ようようカープリーズ」で伝わると思います。日本語読みで大丈夫です。

または、中国語で「我要買悠遊卡」と伝える(書いたものを見せ)ます。

買いたい枚数も指を立てるなどして数を伝えてください。

カードは1枚100元です(払い戻しをしてもこの100元は戻って来ません)。

中国語では、ほしいカードと枚数を次のように伝えます。

 ・我要買一張悠遊卡(悠々カードを1枚ください)
 ・我要買兩張悠遊卡(悠々カードを2枚ください)
 ・我要買三張悠遊卡(悠々カードを3枚ください)
     :
(「二」のみ「兩」となりますが、ほかの数字は日本語と同じです。)

※カード自体にはお金が入っていませんので、購入したら空港内のコンビニか台北メトロのチャージ機(中国語:加値機)でチャージする必要があります。

松山空港トラベルサービス
営業時間:月曜日~日曜日 08:00~22:00
松山空港HP(中国語):https://www.tsa.gov.tw/tsa/zh/page.aspx?id=1272ct/

コンビニ(セブンイレブン)

松山空港HPより引用

 

第1ターミナル到着ロビーに出てから左方向に進むと、セブンがあります。現在、ここで悠遊カードを買うことができます。

少しだけ歩きますが、デザインもコンビニの方が豊富ですしチャージもできますので、個人的にはここで買うのがおすすめです。

松山空港HPより引用(一部修正)
第1ターミナル 到着ロビー北
セブンイレブン
営業時間:05:30-22:00 

悠遊カードの種類や可愛い最新デザインについて下の記事で書いてますので、よろしかったらご覧ください。

コンビニでの買い方

レジの前に写真のようにかわいいデザインの悠遊カードとiPassが販売されています。

悠遊カードとiPassを取り間違えないように気を付けてください。

カードタイプはほとんどが100元です。キーホルダータイプはほとんどは150元で買えますが、高いもので390元するものもあります。パッケージに書かれて価格をチェックしてください。

上の写真のように悠遊カードの掛けられているフックはロックされています。

買いたいカードが決まったら、店員さんに声をかけてください。

「ニーハオ(すみません)」と レジの店員さんに 声をかけ、選んだカードを取ってもらいましょう。

レジでのやりとりのイメージ

私
つあちゃん

ニーハオ(すみません!)
(欲しいカードを指さす👉)

[2]店員
店員

您要悠遊卡,對嗎?您要的是這張嗎?(悠遊カードですか?これですね?)

私
つあちゃん

(えっと、このカードタイプは150元ね。
400元くらいチャージしとこうかな。)
・・・600元渡して「加值400元」と書いたメモを見せる

[2]店員
店員

カードにチャージしてくれる。
「ピー」で完了!
「はいっ!おつり50元とレシートです。」

チャージ金額が合っているか、その場でレシートを確認しましょう。

カード自体にはお金が入っていないためそのままでは使えません。それで、店員さんにチャージするか聞かれると思います。

聞かれなくても上のように「加値○○元」(日本語:チャージ○○元)と書いた紙を見せるか悠遊カードを相手に見せながら日本語で「チャージ!」と言って、いくらチャージするかを伝える、またはチャージしたい金額を渡します。これが意外と伝わります。

中国語の「加値(ジャージー)」と「チャージ」の発音はいくらか似ています。

悠遊カードを見れられて「チャージ!」と言われれば、気の利く店員さんなら「あ~、加値したいのね⁉」と察しが付く訳です。

伝わらないこともあると思いますが、現地の人との交流も旅の醍醐味かなって思ってます。

面倒だと思われる方は「加値○○元」(日本語:チャージ○○元)と書いたメモを見せてください。

コンビニでも、お店によっては陳列せずにしまっていて、「悠遊カードありますか?」と尋ねれば出してくれる所もあるようです。ただ、あったとしても種類は少ないと思います。デザインに特にこだわりがなければ、聞いてみてください。

※中国語でコンビニ店員にあるかどうかを聞く時

・「 請問,你們有賣悠遊卡嗎?」
(すみません、悠々カード売ってますか?)

台北メトロ 松山空港駅

松山空港を出て台北メトロ(地下鉄)に乗る場合は、駅改札口のとなりにある窓口で買うのがスムーズです。

インフォメーション窓口で悠遊カードを買い、駅にあるチャージ機(中国語:加値機)でチャージしてください。

購入についてのQ&A

Q1.子供用の悠遊カードはあるの?

A.子供(6~12歳)&シニア(65歳以上)用の優待カード(優待卡)という悠遊カードを購入することができます。

優待カードは、台北メトロが通常の悠遊カードより安くなります。ただし、6歳未満ならMRT・LRTや市バスの乗車料金が無料になりますので不要です。さらに6歳以上でも身長が115cm未満であれば乗車料金が無料になる場合があります。6歳以上~12歳未満の子供でも、片道乗車券やバス運賃の現金払いの方が子供用悠遊カードよりもお得になる場合があります。詳しくは下の記事をご覧ください。

Q2. クレジットカードで買えますか?

A.今のところクレジットカードでの購入やチャージはできません。現金払いのみとなっています。

Q3.有効期限はいつまでですか?

A.有効期限はありませんが、いくつかの注意点があります。

何らかの原因でカードが読み取らなくなった時、専用封筒にカードを入れて悠遊カード会社(悠遊卡公司)に送付することになります。カード情報や状態を確認して返信を受け取るまでに7営業日ほどかかるようなので、短期の旅行者では処理できません。チャージし過ぎて万が一読み取りができなくなったら厄介です。払い戻しをしないで次の旅行のために持ち帰るとしても、毎回の旅行で使い切るようにした方が無難です。

以上の内容が、楽しい台湾観光のお役に立てればうれしいです。


タイトルとURLをコピーしました