悠遊カード

桃園空港で悠遊カードが買える窓口やコンビニの位置&買い方を解説‼

悠遊カードは、台湾全土で使うことのできる、とっても便利な交通系ICカードです。

メトロやライトレール、バス運賃の支払いが便利ですし、しかも運賃の割引もあります。また、買い物でも利用することができます。

かわいいデザインのものがたくさんあって、キーホルダータイプのかわいい悠遊カードも買うことができます。

ここでは、そんな悠遊カードを買える桃園空港第1・第2ターミナルの窓口やコンビニ、台北メトロの駅にある販売機、新幹線(高鉄)桃園駅のコンビニの位置や買い方について紹介します。

私
つあちゃん

かわいいデザインの悠遊カードがほしい!という方は、ぜひコンビニでお気に入りのデザインのものをゲットしてください‼

スポンサーリンク

第1ターミナル

第1ターミナル到着の主な航空会社
  • ピーチ(樂桃航空)
  • タイガーエア台湾(台灣虎航)
  • ジェットスター(捷星航空)
  • スクート(酷航)
  • エアアジア・ジャパン(日本亞洲航空)

悠遊カード窓口

預け荷物を受け取って到着ロビーに出るとすぐ目の前(左手)に下の写真のような小さい悠遊カードの取扱コーナーがあります。

ここでカード販売/チャージ/払い戻しができます。

桃園空港第1ターミナルの悠遊カード窓口(販売・チャージ・払い戻し)

下の図にように、ロビーに出てすぐ左手前方です。



Taoyuan international airportのHPより引用(一部修正)

第1ターミナル1F
電子チケット合同サービス
(中国語:電子票證聯合服務櫃檯)
営業時間:08:00~21:30

買い方については、下の方で説明します。

ここは便利な場所にあるため、混雑しやすいです。私がここで買ったときは4人ほど並んでいて買うのに15分くらい待ちました。やや離れていますが、バス乗り場のある地下1Fのセブン(到着ロビー右側奥にあるエスカレーターを降りてすぐ。所要時間:約3~4分)にはたくさんのデザインのカードがあるので、ここが混雑しているようならセブンで買ってもいいと思います。

コンビニ(セブンイレブン)

ここでは、空港内のコンビニの位置を説明します。買い方については、下の方で説明します。

地下1F(下の図⑱)には、2018年までは台湾のハイライフというコンビニがありましたが、今はセブンになっています。ここで悠遊カードを販売しています。


地下1Fの平面図:桃園国際空港HPより引用

到着ロビーからセブン(図⑱)の行き方

1. 到着ロビーに出たら、右側に進む。
2. 一番奥まで進む。
3. エスカレーターがあるので降りる(バス乗り場につながっている)。
4. 降りたすぐ左側にあります。

第1ターミナルの地下1F⑲にもセブンイレブンがあります。2019年9月に私が立ち寄ったのは下の図⑲のセブンですが、悠遊カードは置いてありませんでした。

一応コンビニの位置を説明します。

到着ロビーからセブン(図⑲)の行き方

1. 到着ロビーに出たら、左側に進む。(本ページ冒頭の悠遊カード窓口の横を通りすぎる)
2. 一番奥まで進む。
3. エスカレーターがあるので降りる(バス乗り場につながっている)。
4. 降りたすぐ右側にあります。

第一ターミナル 地下1F
セブンイレブン(2店舗)
営業時間:24時間
スポンサーリンク

第2ターミナル

第2ターミナル到着の主な航空会社
  • JAL(日本航空)
  • ANA(全日空航空)
  • エバー航空(長榮航空)
  • チャイナエアライン(中華航空)

手続きを終えて預け荷物を持って到着ロビーに出ると、すぐ目の前(右手)に下の写真のような悠遊カードの取扱センターがあります。

 

下の図にように、到着ロビーに出てすぐ右手前方です。

桃園国際空港HPより引用(一部修正)
第2ターミナル1F
電子チケット合同サービスカウンター
(中国語:電子票證聯合服務櫃檯)
営業時間:08:00~21:30

コンビニ(セブンイレブン)

地下2Fにセブンがあります。ここで販売しています。

下の図のようにフードコートの一角にあります。

www.ivideo.com.twより引用

1F到着ロビーからの行き方:

  1. エスカレーターで地下2Fに降ります。
  2. フードコートに向かってください。

コンビニでの買い方については、下の方で説明します。

第2ターミナル 地下2Fフードコート内
セブンイレブン
営業時間:24時間

第1・第2ターミナル窓口での買い方

窓口に以下のような日本語の説明が置いてあります。

台湾の悠遊カード_買い方

日本語ができる係の方がいないときは、英語でのやり取りになります。ここはたくさんの外語人が買いに来るので、「イージーカードプリーズ」と言えば伝わります。ここでは他のカード(iPassなど)も扱っていますので、ほしいのは「悠遊カード(中国語:ようようカー)」!ということを伝えてください。私のように英語が苦手という方でも、置いてある資料を指差ししながら買うことができるので安心です。

カード代は、台湾ドル100元です。この100元(およそ350円)はカードの購入代金ですので、後でカードの払い戻しをしても戻って来ません。

これにプラスでカードに入れる額を選びます。上の表では「100・200…500元かその他」となっています。100元単位でチャージしたい金額を伝えます。指差しで伝わります。

支払金額は、カード代+チャージ代金になります。例えば、700元チャージするなら800元支払います。

コンビニでの買い方

レジの前にこんな感じでかわいいデザインの悠遊カードとiPassがたくさん陳列されていると思います(取り扱っていない店舗もあります)。

悠遊カードとiPassを取り間違えないように気を付けてください。iPassもかわいいデザインのものがいっぱいあるので、ついかわいさに気を取られて買い間違えそうになります。キーホルダータイプはだいたい150元で買えますが、中には390元するものもあります。値段が違うので、買う前に確認してください。

通常、上の写真のようにカードが掛けられているフックにカギがかかっていて店員さんに言わないと取れないようになっています。

「ニーハオ(すみません)」と レジの店員さんに 声をかけ、選んだカードを取ってもらいましょう。

レジでのやりとりのイメージ

私

ニーハオ(すみません!)
(ほしいカードを指さす👉)

[2]店員
店員

您要悠遊卡,對嗎?您要的是這張嗎?(悠遊カードですか?これですね?)

私

(えっと、ほしいキーホルダータイプは150元ね。
300元くらいチャージしとこうかな。)
・・・500元渡して「加值300元」と書いたメモを見せる

[2]店員
店員

カードにチャージしてくれる。
「ピー」で完了!
「はいっ!おつり50元とレシートです。」

レシートはその場で確認し、後で見れるように捨てずにとっておきましょう。

カード自体にはお金が入っておらずそのままでは使えませんので、チャージするか聞かれると思います。聞かれなかったら上のように「加値○○元」(日本語:チャージ○○元)と書いた紙を見せてください。それか悠遊カードを相手に見せながら日本語で「チャージ!」と言って、いくらチャージするかを伝える、またはチャージしたい金額を渡します。これが意外と伝わります。

「チャージ!」は和製英語で発音も日本語なのに、なぜ伝わるの?と思われる方もおられると思います。

それは、中国語の「加値(ジャージー)」と「チャージ」の発音が似ているからだと思います。

悠遊カードを見れられて、それから「チャージ!」と言われれば、店員さんは「あ~、加値したいのね⁉」と察しが付くということだと思います。日本人がよく利用するお店なら分かってくれる確率もそれだけ高いはずです。伝わらないこともあると思いますが、現地の人とのとのこういうやり取りも旅のおもしろさの1つかなって思ってます。

コンビニでも、悠遊カードを売っている店舗と売ってない店舗があります。お店によっては陳列せずにしまっていて、あるか尋ねれば出してくれることもあるようです。あっても種類は少ないと思います。特にデザインを気にしないのであれば、店員さんに聞いてみてください。

※中国語でコンビニ店員にあるかどうかを聞く時

・「 請問,你們有賣悠遊卡嗎?」
(すみません、悠々カード売ってますか?)

  もしカードがあるようでしたら、

・「 チャージ!(加値)」
 と言って、チャージする金額を伝えるか、

・ 「加値○○元」(日本語:チャージ○○元)

と書いた紙を見せてください。

悠遊カードにどんな種類や可愛いデザインがあるかについては、下の記事をご覧ください。

桃園空港線と新幹線(高鉄)桃園駅

桃園空港線MRT駅

台北駅や新幹線(高鉄)桃園駅に向かう時に乗る空港線の各駅には、カード販売/チャージ機があります。その右に両替機(兌鈔機)があります。

表示が青の機械です。日本語で「ICカード販売/チャージ」と表示されています。日本語メニューがありますので問題なく購入できると思います。子供用の優待カードは買えません。

  • カード購入代金(100元)+チャージ料金(100元)=200元のセット購入のみの販売です。
  • お釣りが出ませんので、右の両替機(兌鈔機)でお金を細かくしてから買ってください。
  • デザインは、統一された普通カード(普通卡)のみの販売で、ここでは子供用の優待カード(優待卡)は買えません。コンビニか台北MRT各駅インフォメーションの窓口(問訊處)で購入してください。

新幹線(高鉄)桃園駅

台北から新幹線で南の台中、高雄方面に向かう方は、この新幹線駅地下1Fのセブンで悠遊カードが販売されていますので、まだ購入されていない方はこちらに寄ってみてください。1Fにもセブンがありますが、2019年9月の時点では販売されていませんでした。

オークションやフリマなどで買う際の注意点

オークションやフリマで悠遊カードがたくさん売られていますが、オークションなどで買う前に一応知っていた方がいいと思う点があります。

それは、悠遊カードにはそれぞれ識別用の番号が振られている、という点です。カード番号さえあれば、アプリや悠遊カードHPで1年前~昨日までの「いつ、どこでいくら使ったか、いくらチャージしたか」といった利用履歴を見ることができます。

買う前に販売者のカード識別番号の取り扱いについて、一応確認しておくといいと思います。

購入についてのQ&A

Q1.子供用(子供料金)はあるの?

A.子供の乗車料金は主に6歳未満、6歳以上~12歳未満の2つで分かれています。6歳未満ならMRT・LRTや市バスの乗車料金が無料になります。6歳以上でも身長が115cm未満であれば無料になる場合があります。 6歳以上~12歳未満のお子さんは、片道乗車券やバス運賃の現金払いの方が子供用悠遊カードよりもお得になる場合があります。詳しくは下の記事をご覧ください。

Q2. クレジットカードで買えますか?

A.現在クレジットカードでの購入やチャージはできません。すべて現金での購入となります。

Q3.有効期限はいつまで?

A.期限は20年間です。でも、チャージし過ぎないようにしましょう。

何らかの理由でカードが読み取らなくなった時、中身の確認のため専用封筒にカードを入れ、悠遊カード会社(悠遊卡公司)に送付することになります。処理に7営業日ほどかかるようなので短期観光者では対処できないと思います。念のためチャージしずぎないようにし、払い戻しをしないで次回の旅行のために持ち帰るとしても、1回の旅行で使い切るようにした方がいいと思います。

この記事の内容が楽しい台湾旅行に役立てばうれしいです。


  • この記事を書いた人
  • 最新記事

つあちゃん

現在台湾在住中。台湾で忙しく仕事をするかたわら、観光スポット巡りを楽しんでいます。台湾での旅行や生活についてメモ代わりにブログを書いています。

-悠遊カード

© 2020 台湾メモ Powered by AFFINGER5