生活

台湾での日常のゴミ捨て

つあちゃん

現在台湾在住中。台湾で忙しく仕事をするかたわら、観光スポット巡りを楽しんでいます。台湾での旅行や生活についてメモ代わりにブログを書いています。

日本では、何曜日の○○時までに指定のゴミ置き場に置いておくと、回収されるというシステムですよね。

台湾はだいぶ違います。

ゴミ回収車が夕方にやって来て、自分で回収車に投げ捨てるシステムです。

台湾のゴミ捨て事情についてちょっとご紹介します。

スポンサーリンク

回収車がやって来た!

ゴミの回収は市や鎮によって周1か週2でお休みですが、それ以外の日は毎日やって来ます。

回収車は決まったコースを走るので、やって来る時間も大体決まっています

ちなみにうちの辺りは、夕方4:55くらいにやって来ます。

ただ、休み明けはゴミが多いので、やって来るのが遅くなります

ゴミ出しのことをすっかり忘れてしまうこともあるんですが、

大音量の音楽で、

やってきたよっ~!

と知らせてくれるので、大丈夫です。

私のいるところでは、

ベートーヴェンの「エリーゼのために(給愛麗絲)

を大音量で流しながら回収車が回っています。

実際の音源はこちら(音量注意)。

他の所では、「乙女の祈り(少女的祈禱)」(テクラ・バダジェフスカ作曲)が流れるそうです。

最初は慣れなくて、

音楽が聞こえてきたら慌ててゴミを持って外へ出て、

外で回収車がやって来るのを5分以上待ったりしていました。

街をジグザグに回ってやって来るので、音が聞こえてもすぐにやって来るとは限りません。

慣れてくると、音楽の音の大きさで、

「まだ早いなっ!」

なんて分かってきたりします。

でも、たまに外に出るのが遅くなって、回収車を追いかけることも(汗)。

ご近所の方々も出て来て、続々とゴミを投げ入れていきます。

こちらのおばさんのように、文字通り投げ入れてます。

中には数日分を貯めていっぺんに出す家庭もあります。

回収車の間を縫ってバイクも走ってくるので、要注意です!

ある時、近所のおばさんが「1週間分のゴミじゃないか⁉」というくらい大きな黒いゴミ袋を出そうとしていました。

でも、重すぎて地面に引きずってたので、手伝ってあげました。

地面に引きずったので、穴が開き、中の汁で服が汚れてしまいました(泣!)

台湾は暑いのでゴミがすぐに臭くなります。あまり貯めないでね!

スポンサーリンク

生ごみはリサイクル

回収車の後ろに、のゴミ箱があるのが見えると思います。

ちょっと汚れていて見にくいのですが、

  • 生 廚餘(生ごみ。生の台所ごみ。)」
  • 熟 廚餘(食べ残し。火の通った台所ごみ。)」

と書かれています。

これは何かというと、

肥料にしたり、豚の餌にしたりするためのリサイクルです!

ごみを削減しつつ再活用しています。

自治体と業者が提携して行っています。

もちろん、分別せずに燃えるゴミで出すこともできます。

私の友人は、生ゴミをプラスチックの密封容器に貯めて冷蔵庫に保管し、ゴミの日にこの緑のゴミ箱に捨てていました。

資源ゴミ

ちなみにペットボトル・缶・金属類・段ボールなどの資源ゴミも回収車がやって来て回収します。

私の所では周に2回、燃えるゴミの回収車と連なってやって来ます。

トラックの上に2人、男性がいて、みんなが出す資源ゴミをせっせと仕分けています。

私の所には、毎回資源ゴミの時にリアカーを引いたおじいちゃんがやって来て資源ゴミを回収しています。

リサイクル業者に売ってるみたいです。

「暑いのに大変だな~」

と思い、うちの資源ゴミはみんなこのおじいちゃんにあげてます。

粗大ごみはどうするの?

台湾の賃貸住宅には、基本的に最低限のものは揃っていて、要らないものも入居前に大家さんに

「このソファー、もうボロボロだし使わないから、持って行ってください!」
「この椅子、もう汚いから持って行ってください!」

なんて言えば、粗大ごみで出して処分してくれます。

家を退居する時も、きれいな家具なら「残していきます」と言えば大家さんも大喜びです。

なので、粗大ごみを出すことはほぼないと思います。

自分で処分する時は、地元の市や鎮の公所(役場)に連絡して外に出しておくと回収してくれます。

多くの家庭では、春節前に大掃除をするので、粗大ごみもこの時期には多く出されます。

ただのゴミ捨てでも、日本とだいぶ違いますね。


  • この記事を書いた人

つあちゃん

現在台湾在住中。台湾で忙しく仕事をするかたわら、観光スポット巡りを楽しんでいます。台湾での旅行や生活についてメモ代わりにブログを書いています。

-生活

© 2020 台湾メモ Powered by AFFINGER5