2021年悠遊カードデザイン 蚊取り線香の缶がキーホルダーに!

日本でもかつてどの家庭にもあったあの懐かしい蚊取り線香の缶が悠遊カードになりました。

フェイスブックより引用

日本では金鳥が有名ですが、台湾では今回、悠遊カードになったこの「鱷魚(ワニ)」ブランドが有名です。

ちなみに、この「鱷魚蚊香」を作っているのは中台興化學工業股份有限公司という会社です。

この会社の創始者の盧文枝氏は元々、醬油の売買をする商人でしたが、売り込みで雑貨屋を回るうちに田舎の衛生条件の悪さを目にして殺虫剤の需要を見込んだそうです。

盧文枝氏は1950年ぐらいに商売で築いた人脈を利用してDDT殺虫剤(今では台湾・日本でも製造・使用が禁止されている)を仕入れました。小学校卒業の学歴しかない盧文枝氏は専門知識がなかったため、最初は水で薄めたDDT殺虫剤を醤油ビンに詰めて販売するだけだったそうです。

時とともに改良されるも、このDDT殺虫剤は後に禁止されます。人体に無害かつ効果が持続する殺虫剤の開発を目指すうちに日本の蚊取り線香に着目し、この「鱷魚(ワニ)」ブランドが誕生したそうです。

日本のキンチョーから新技術を学び、原料と製造用機械を輸入して生産を開始しました。

中台興の商品 蚊取線香・殺虫剤・潤滑油など

こうして、この「鱷魚(ワニ)」ブランドの蚊取り線香は60年もの間、台湾の人々に親しまれてきました。

デザインも日本のキンチョーの蚊取り線香を彷彿とさせるもので、日本人でも懐かしく感じる方もいらっしゃると思います。

デザイン:ワニ蚊取線香(キーホルダー)

発売日 :2021年10月5日~10月11日(23時59分)

予約場所:セブン ibon・ファミマ FamiPort・ハイライフ Life-ET・OK超商

販売価格:350元(日本円で約1,365円)

2021年悠遊カードデザインについてもっと知りたい方は、下の記事をご覧ください。

【マニア必見】悠遊カード2021年は超萌えデザインに大注目!

2021年の悠遊カードは、コロナの影響で新デザインは例年と比べて半分以下になりそうです。 2020年は225種類もの新デザインが発売されましたが、2021年は9月5日の時点で43種類にとどまっています ...

続きを見る


-悠遊カード