台湾・恒春観光で泊まったコテージ(ホテル)が意外と良かった

南部

1月18、19日に恒春・墾丁観光に来た時に泊まったコテージ(ホテル)が意外と良かったので、紹介したいと思います。

場所は、墾丁快線バスの恒春バス停から1.8キロのところにあります。

スポンサーリンク

八個小孩子的家(Home of eight children – Chalet)

日本語だと「8人の子供がいる家」という名称の宿泊施設です。

夫婦で経営されているそうですが、子供が8人いることからこの名前にしたそうです。

掃除が行き届いていて、きれいな花も植えられています。

私が泊まったのはこちらです。

玄関から入るとこんな感じです。

エアコンや小さい冷蔵庫もありました。

1月で朝晩がけっこう肌寒くなるんですが、外に蚊がいて出入りする時に一緒に入って来てしまいました。

玄関から入って直に寝室なので仕方がないですね。

蚊帳みたいのがあるのですが、完全にベットを囲えないのであまり意味はないと思います。

台湾はどこに行っても1年中、蚊がいるので、

いつも家で寝る前に使ってるキンチョーの1プッシュで24時間効くスプレーを持ってこれば良かったな~と思いました。

晩から朝方にかけてけっこう冷えたせいか、蚊に刺されることはありませんでした。

アメニティですが、

タオル、バスタオルは用意されていました。

歯ブラシやシャンプーはあります。

トイレはウォシュレットでなないです。

シャワーの水圧は問題ありませんでした。

これで2人1泊で5,000円くらいです。

これには、1,000円ほどの清掃費というものが含まれています。

スポンサーリンク

朝食が安くて美味しい

ここは、プラス50元(約185円)で朝食が食べられます。

すぐ目の前のこんなおしゃれな所で朝食を頂きました。

飲み物はオレンジジュース、コーヒー、紅茶から1つ選びます。

1日目の朝食はこちらです。

白いのはマントウ(中華式の蒸しパン)です。

2日目はこんな朝食でした。

フルーツがいっぱいで大満足です。

静かな環境でリラックスしながら朝食を楽しめました。

恒春バス乗り場からの行き方

バス停からは1.8キロあります。

ここを通る公共の乗り物はありません。

私は自家用車でしたので問題ありませんでした。

バス停から車で6分ですので、タクシーを使ってもそれほどタクシー代はかからないと思います。

観光でバイクを借りれば移動は楽です。

台湾でバイクに乗るには、日本で免許証の翻訳文を申請して携帯している必要があります。

翻訳文の申請は数日かかります。3千円ほどで作ることができます。

電動自転車は免許証不要ですが、1回の充電で120キロ走るのが限界です。

レンタル料はバイクは1日300元くらい、電動自転車は1日400元くらいかかります。

ここは、日本人がよく使うホテル予約サイトで検索しても出て来ません。

今のところ、台湾のAsiaYoという予約サイトでしか扱ってないようです。

気になる方はチェックしてみてくださいね。


タイトルとURLをコピーしました