台湾レシートくじが当たった‼記念にアプリや換金方法を紹介します

台湾レシートくじイメージ レシートくじ

台湾で買い物をしたときにもらうレシートは「統一發票」と呼ばれますが、このレシートには何と宝くじが付いています。

当選金額は何と、

特別賞 1,000万元(約3,500万円)!!!

 2 等 200万元(約700万円)!!

 3 等 20万元(約70万円)!…

わたしもついに、2019年5-6月分のレシートで宝くじが当選しました‼

その当選金額は、

1,000元×1

200元×1

合計で何と、1,200元(約4,200円)当たりました!

台湾に来てからというもの、2か月ごとに当選番号とにらめっこしては全滅、全部ハズレで「ぜんぜん当たらないじゃん!」、ガッカリ、というのを繰り返してはや1年、

私
つあちゃん(私)

ついに当たった‼

やったネ!

そこで、記念にレシート宝くじの以下の内容について書きます。

  • 2020年 最新の当選番号と見方
  • QRコードで当選確認が楽ちん♪ アプリ「發票+」の使い方
  • 当選レシートの換金場所と仕方
2019年より制度が変更

2019年1月1日から換金できる場所が変更されました。

幸運にも「見事当選したよ!」という方のために、最新の当選レシートくじの換金場所・時間帯と方法についても説明します。

スポンサーリンク

2020年5月発表 | レシートくじ当選番号

2020年(民國109年)3月-4月分レシートくじの当選番号が、2020年5月25日に発表されました!

当選番号の見方:

中国語のすぐ下に日本語訳を貼り付けてありますので、参考にしてください。

換金期間:2020年6月6日 ~ 2020年9月7日まで

※過去(2019年以降)の当選番号はこちら

スポンサーリンク

当選番号の発表日と換金期間

発表日と換金期間は、以下のようになっています。

くじは2ヶ月ごと(奇数月)に1回、その月の25日に当選番号が発表されます。

換金期間は、発表日の翌月6日~3ヶ月間(3か月後の月の5日まで)となっています。

※換金期限の末日が土日や祝日の場合、期限は次の仕事日まで延長されます。

アプリ「發票+」で当選しているかを今すぐチェック!

アプリ「發票+」でQRコードをスキャンすれば、楽に当選しているかどうかをチェックできます。

中国語で書かれた当選番号とにらめっこしながら確認するのはちょっと大変なので、アプリを使うのをおすすめします。

これを使えばあっという間です!

「いやいや、そんなに早くハズレが分かったらつまんない!」という方は、当選番号で1枚ずつ見てワクワクを楽しんでください!

まずは、アプリ「發票+」をダウンロードしよう!

手順:

① ストアから 「發票+」 という下の写真のアプリをダウンロードします。

まだこのアプリを入れてない方は最初にダウンロードしてください。

※ストアの検索窓で「發票+」の「發」という漢字が中国語なので日本語では打てませんが、「統一」と入れると検索候補で「統一發票」が出てきますのでタップします。

すると、このアプリが候補で出てきます。

② カメラと通知を許可します。

③ 次にアプリの使用方法が出てきます。

下のように右から左へスワイプさせ、「開始使用」ボタンをタッチします。

これでアプリが使えるようになりました!

アプリ「發票+」の使い方

その1:まずはQRコードで当選確認!

ダウンロードが終わると直接アプリが起動します。

すると、下のように「掃描發票」(日本語:レシートをスキャン)が開始されます。

レシートくじにQRコードが付いている場合は、カーソルを合わせてレシートの2つのQAコードをスキャンします。

※初めてレシートをスキャンしたときのみ、「授権ーアプリがレシートの情報を読み込むのを許可しますか」と聞かれますので、「同意」をタッチしてください。

すると当選しているかどうかすぐに結果が表示されます。

「ご当選おめでとうございます!当選金額を受領する際はレシート原本をご持参ください。」

一千元

私
つあちゃん

「やったー!」

と、こんな感じで使います。便利です。

ただ、台湾で生活していて、しょっちゅう買い物をし、レシートをせっせと集めている私のような台湾在住者でも、当選することはめったにないです。

スキャンしても、普段はこんなハズレの結果ばっかりです。

「沒中獎」、つまりハズレです。

その2:「QRコードがない、または読み取れない」レシートをチェック!

もともとQRコードの付いていないレシートをもらうことがあります。こんなレシートです。

赤く囲んだ部分が宝くじの番号になります。

QRコードがスキャンで読み取れないレシートも、こちらの当選番号で確認できちゃいます。

手順:

① まず、アプリの左上にある Sーク を押します。

② すると、一番最近に発表された当選番号が表示されます

チェックしたいレシートの月と同じかどうか確認してください。

対象月をチェック!
以前の当選番号をチェックする

前回・前々回のレシートくじをチェックしたい場合、画面を右から左にスワイプすると、前回と前々回のレシート当選番号が表示されます。

③ 次に、検索窓にレシートくじ番号の下3ケタを入力します。

すると、レシート番号の下3ケタが当選番号と一致するかどうかをアプリが自動でチェックしてくれます!

当選している場合は、下のように当たった当選番号が赤枠で表示されます。

試しに見事1,000元当選したレシートくじ番号を入れたところ、「チャラチン~♪」と音が出てこのように表示されました。

ハズレの場合は、スキャンの時と同じガッカリくまさんが出てきます。

「当たったよ!」そんな時もアプリで換金期間が分かる

見事当選したなら、ついでにレシートくじの換金期限も確認しましょう。

画面上に換金期限が書かれています。

悠遊カードなどのICカードに保存された電子発票(電子レシート)については、別記事で書いていますので、よろしかったらご覧ください。

2019年1月1日より換金場所と時間帯がより便利に!

2019年から郵便局では換金できなくなりました。

これまで、換金できる場所はコンビニで換金できる6等以外は1,300か所ほどの郵便局だけでしたが、2019年1月1日から換金できる場所がその10倍の13,000か所に増えました。

これにより、より近くで換金できるようになっただけでなく、さらに換金できる時間帯も拡大されてより便利になりました。

電子レシートを含め、2019年1月1日からの変更内容が財政部国税局HP(中国語)でまとめられています。

新たな当選レシートの換金場所

2019年1月1日以降、当選レシートは以下の場所で換金できるようになっています。

換金できる場所 換金できる賞金額  

・コンビニ(セブン・ファミマ・萊爾富(Hi-Life)、OK超商(オーケーマート))

・美聯社Simple Mart

・全聯(スーパー)

・5等

(1,000元)

・6等

(200元)

9:00~23:00(閉店時間まで)

現金への換金、買い物での使用や会員カードへのチャージができる

・信用合作社

・農漁會信用部       

 2等(4万元)以下 営業時間

・第一銀行

・彰化銀行

・農業金庫

・金門信用合作社                 

・蓮江県農会信用部

 すべての当選レシートの換金ができる 営業時間

換金できる時間帯もより便利に!

以前も6等のみコンビニで換金できましたが、他の当選レシートは郵便局の営業時間(8:30-17:30)内でしか換金できませんでした。

しかも、2等より上の賞金は特定の指定された郵便局でしか換金できず、日中お仕事の方などには不便でした。

ですが、2019年より換金できる時間が以下のように拡大されました。

5等と6等は、コンビニやスーパーで毎日9:00~23:00(スーパーは閉店時間まで。全聯は通常22:30まで)間で換金可能。

※ちなみに、ファミマのレシートの裏には当選レシートの交換は「9:00~22:59」の間とあります。厳密に言うと23時ジャスト以降は対応しないということのようです。

当選レシートの換金方法

台湾の居留証がなくても、旅行者でも当選金を受け取ることができます。

当選したレシートの裏側に必要情報を記入します。

記入するのは3つです。

  • 当選金額(例:200)
  • サインか捺印
  • 電話番号

こちらが未記入ですと換金できません。

記入したレシートとパスポートを持って営業時間内で換金しに行きましょう。

5等と6等の換金はコンビニが便利

コンビニなら営業時間が長い上にあらゆる所にあるので換金がとても便利です。

コンビニで換金する場合、現金に換金できるだけでなく、買い物に使ったり悠遊カードやiPassにチャージしたりすることができます。

ただし、買い物に使った場合はおつりが出ませんので、注意してください。

もし、換金を断られたら・・・

コンビニで換金する際、外国人も換金できることを知らない店員さんがいるので、こんな目に遭うかもしれません。

私
つあちゃん

「發票中獎了兩百塊錢,我要領獎」
(レシートくじで200元当たったので、
換金したいです。)

[2]店員
店員さん

(パスポートを見て)外国人か。
台湾の身分証じゃないと・・・
多分、ダメだよな。。
「すみません。できません!」

私
つあちゃん

えっ⁉なんで?・・・

じゃあ、どうしたらいいの?

対処方法:

「台湾の統一發票給獎辦法には、以下のように定められており、外国人でもきちんと換金できることになっていますので、相手に見せてあげてください。」

第 9 條 ・・・中獎人如為非本國國籍人士,得以護照、居留證等其他身分證明文件替代國民身分證。

統一發票給獎辦法 第9条 民國 107 年 06 月 13 日

日本語では、こんな意味になります。

第9条 ・・・当選者が台湾国籍ではない場合、パスポート・居留証等の身分証明書を国民身分証の代わりとすることができるものとする。

なので、こちらの規定を店員さんに見せてみてください

最新の統一發票給獎辦法(民國 108 年 09 月 09 日)の第10条にも、以下のようにあります。

代發獎金單位依第八條第二項規定代發獎金時,應驗明中獎號碼及領獎人
身分證明文件,將中獎人國民身分證或護照、居留證等證號註記於中獎清
冊資料庫,並取具中獎人領獎收據後辦理給付。

統一發票給獎辦法 第10條(民國 108 年 09 月 09 日)

以下は日本語訳です。

・・・当選金の支払い代行業者(ここではコンビニ)は、・・・パスポート・居留証等の番号を当選者リストのデータバンクに入力し、かつ当選者から受領証明を受け取ってから給付すること。

上記の日本語訳(一部省略)

当選金額から差し引かれる税金額はいくら?

当選金額によって税金額が違います。

以下の表にまとめましたので、参考にしてください。

種別 賞金額 印花税0.4% 所得税20% 実際の受取金額
特別賞 1,000万元 4万元 200万元 796万元
特賞 200万元 8,000元 40万元 159万2千元
1等 20万元 800元 4万元 15万9千元
2等 4万元 160元 8,000元 31,840元
3等 1万元 40元 2,000元 7,960元
4等 4,000元  16元 800元 3,184元
5等 1,000元 4元 0元 996元
6等 200元 0元 0元 200元

ここからは、ちょっと余談になります。

そもそも、なぜレシートに宝くじがあるの?

またまた余談ですが、そもそも、なぜレシートに宝くじが付いているのでしょうか?

このレシートくじの制度は、1951年1月1日から台湾で実施されています。

当時、台湾政府は、レシートくじの方法で国民がモノやサービスを購入した際に領収書をしっかりもらうよう奨励することで、会社や店舗の脱税を防止して、税収を増やすことを目的としてこの制度をスタートさせました。

その結果、1951年の税収が前年よりも何と75%もUP!して5,100万元になったそうですから、ものすごい効果があったんです。

まさにミラクルな増税政策!いいね!

この増えた税収の一部が、当選金として使われているんです。

台湾の財政部は、民衆にレシートを受け取る習慣を身に付けさせるため、当時何と「統一発票宣伝歌」まで作ったそうです!

ちなみに、下がこの歌の歌詞の一部です。

發票又好棒,愛國又中獎,…

統一發票人人愛,愛國中獎

大家來,你我一齊要發票,

愛國愛家又愛鄉

「統一發票宣傳歌」より一部抜粋

日本語にすると、こんな意味の歌詞です。

レシートすごいよ、国を愛して当選だ!…

レシート皆好きだよ、愛国・当選

さあさあ、あなたも私もレシートもらおう

国と家庭と故郷を愛そう~ ♪

上の歌詞の日本語訳

何と言ったらいいのか、、何かものすごいものを感じる。

とにかく、効果があったみたいです。実施からもうすぐ70年!今はもうすっかり根付いてます。

ちなみにこの歌、ユーチューブでアップしている方がいますので、「ちょっと聞いてみたいな~」という方は、日本語で「統一発票 歌」で検索してみてください。

以上、余談でした。

ここのページで次回の当選番号も貼っていこうと思っていますので、またページをチェックしてみてください。

当たるといいですね!

口座開設キャンペーン最大20,000円キャッシュバック!

タイトルとURLをコピーしました