台湾レシート|少額での大量収集は当選無効に

2021年9月10日、少額の消費でレシートを大量収集して当選金を狙う手法を根絶するため、財政部は「統一発票給奨弁法」15条の条項を改正すると告示しました。

軌道を逸した少額での大量収集については、当選を無効にし、かつすでに受領済みの当選金についても返還請求を行う

という内容が新たに盛り込まれる見通しです。

今年の11月8日まで意見募集が行われ、早ければ年内にも施行されます。

審計部(各国家機関に対する会計監査業務を担う部署)の公表した報告によると、直近1年間に100回以上当選した人は64名いましたが、そのうちの2名は何と2,000回以上も当選しており、少額の消費による悪質な大量収集が疑われています。

最近(2020年12月)のニュースで、

高雄で1元、2元のナイロン袋を繰り返し大量購入して5,000枚のレシートを集めた男性のことが報道されました。

そのうち30枚が当選して、合計8,000元の当選金を入に入れたそうです。

つあちゃん
これって、何がダメなの?
こういう人がいると、当然レシートの発行枚数が増えるじゃろ?
フクロウ
つあちゃん
ええ。
すると、当選本数も比例して増えるんじゃ。
フクロウ
つあちゃん
それで⁉どうなるの?
その分、財源のお金が減るんじゃ。
フクロウ
つあちゃん
じゃあ、他の人が当たる分が減っちゃうね!ズルい‼

こうした軌道を逸したレシート収集による当選は、今後この改正された条項に基づき無効と判断され、返還請求が行われることになります。

この度の改正案では、短時間に異常に密集して発行された少額のレシートが取り締まりの対象となります。

「正常な範囲内における買い物で入手した少額レシートについては、これまで通り当選金を受け取ることができる」とのことです。

ちまちま買ってレシート集めするのも、ほどほどにしてね。

ってことですね。

 ここからはちょっと余談です。

以前、近くのコンビニにコピーをやりに行った時のことです。

1枚だけコピーやって、他に買うもの何かないかな~と見たんですが、特になかったのでレジに行きました。

レジで払ったのは、コピー代2元(日本円7~8円)です。

レシートを渡されて帰ろうとすると、突然、レジの人が大声で叫びました。

店員
祝您發票中大獎!
レシート当選するといいですね!
えっ⁉恥ずかしー(*ノωノ)
つあちゃん

わざと他のお客さんにも聞こえるような大声でした。

どうやら、レシート集めのための買い物だと思われたみたいです。

店員
この人、レシート集めの人だよ~

って叫ばれたって、嫌じゃありません⁉

まあ、お店にとって嫌なお客だとは思うけど、こんな扱いはないよ。

それから、そこのコンビニに行くのはやめました。

まあ、ちまちま買ってく人がたくさん来れば、レジ打ちも忙しくって大変っていうのは分かるけど。

ちなみに、その2ヶ月間のレシートは、1枚も当選しませんでした!

もしかすると、あれは呪いの言葉だった⁉

つあちゃん
これからレシート集め目的のレジ打ち回数が減って、この店員さんのストレスも少なくなるかも、と思いました。

でも、あそこのコンビニは、もう行かない。


-レシート