台湾の電子レシートくじをアプリのバーコードで簡単に保存する方法

レシート

この記事は、すでに台湾の携帯番号と「手機條碼(携帯バーコード)」の紐づけ設定が完了した後に行う設定について説明します。

この「手機條碼」の設定がまだの場合は、先に以下の記事を参考にバーコードの設定を行ってください。

ここでは、台湾の携帯番号と紐づけたバーコードを、アプリで開けるように設定する方法について説明します。

アプリでバーコードを開けるようになると、以下のことができるようになります。

  • 買い物の会計の際に自分のバーコードをお店の人にスキャンしてもらうと、電子レシートくじがクラウド上に保存される。
  • 今まで紙でもらっていたレシートも、バーコードのスキャンで電子レシートとしてもらえる(当選確率UP)
  • アプリ上で電子レシートくじを管理できる(会計から2時間弱でアプリに反映される)。
スポンサーリンク

最初にアプリをダウンロード

電子レシートくじを管理できるアプリはいくつかありますが、ここでは下の「發票+」というアプリで設定方法を説明します。

まだこのアプリを入れてない方は最初にダウンロードしてください。

Google Playからダウンロード  :發票+(Android)版

アップルストアからダウンロード:發票+(iOS)版

※ストアの検索窓で「發票+」の「發」という漢字が中国語なので日本語では打てませんが、「統一」と入れると検索候補で「統一發票」が出てきますのでタップします。

すると、このアプリが候補で出てきます。

※ストアの検索窓で「發票+」の「發」という漢字が中国語なので日本語では打てませんが、「統一」と入れると検索候補で「統一發票」が出てきますのでタップします。

すると、このアプリが候補で出てきます。

② カメラと通知を許可します。

③ 次にアプリの使用方法が出てきます。

下のように右から左へスワイプさせ、「開始使用」ボタンをタッチします。

これでアプリが使えるようになりました!

スポンサーリンク

アプリに手機條碼(携帯バーコード)を設定する

この設定後、バーコードに紐づけの完了している会員カード・悠遊カード・iPassなどの電子レシートがアプリにすべて表示されるようになります!

①画面下のメニューの真ん中にある「手機條碼」を選びます。

②~④を入力してから⑤をタップします。

②携帯番号(バーコードを紐づけ済みの番号)を入力。

③バーコード設定時のパスワードを入力。

④右の認証コードを入力。

⑤「登入(ログイン)」をタップ。

これで、アプリでバーコードを表示できるようになりました!

ちなみに、画面の右上の「背景」ボタンをタップすると壁紙が変わります。

バーコードの使い方

買い物の会計の際にアプリでバーコードを表示させます。

お店の人に見せるとスキャンしてくれます。

それから、お金を払います。これだけです。

バーコードの読み込みがうまくできない時は、画面の明るさをアップさせてみてください。

画面の中央にある「亮度調整」を左から右へとスワイプすると、画面が明るくなります。

電子レシートくじはリアルタイムでは反映されません。

会計が終わってから2時間弱でアプリに反映されます。

買い物から2時間後に画面下のメニューの「消費清単」を選ぶと、さっきのレシートが反映されています。

情報を更新したい時は、上から下に画面をスワイプします。

電子レシートくじのリストが更新されます。

リストからレシートを1つ選ぶと、下のように電子レシートが表示されます。

「いつ、何を、いくらで買ったのか」までしっかり分かりますね。

電子レシートくじはメリットがたくさんあります。

アプリで管理するととても楽ちんですし、何より当選確率が上がります!

ぜひ試してみてくださいね。


タイトルとURLをコピーしました