レシート

台湾のレシートくじの当選確率はどのくらい?当選確率を上げるには?

つあちゃん

現在台湾在住中。台湾で忙しく仕事をするかたわら、観光スポット巡りを楽しんでいます。台湾での旅行や生活についてメモ代わりにブログを書いています。

台湾のレシートには、最高金額が1,000万元(日本円で約3,500万円)が当たる宝くじが付いています!

2019年9-10月分のレシートでは、12月31日までに何と14人も特別賞の1,000万元が当たっています‼2か月ごとに最高賞金がこんなに当たってるってすごいですよね。

他にも特賞200万元~6等200元までの当選金額があります。

台湾に住み始めてから2か月ごとにこのイベントを楽んでいますが、6等の200元でさえ当たらないことがあります。

私
つあちゃん

「台湾のレシート宝くじの当選確率って、どのくらいなのかな?」

気になったので、

レシート宝くじ1枚が当選する確率はどのくらいか計算してみました!

当選確率が上がる電子レシートについても紹介します。

スポンサーリンク

特別賞の1,000万元と特賞の200万元が当たる確率

1,000万元と200万元(日本円で約700万円)の当たるそれぞれの確率は、

0.000001% になります!

番号は全部で8ケタなので、00000000~99999999の1億個の組み合わせになります。

なので、1億分の1です。

スポンサーリンク

1等の20万元が当たる確率

1等(20万元)は同じ8ケタですが、当選番号が3つありますので、

0.000003% です。

ですので、1,000万元、200万元、20万元の当選する確率は、合計0.000005%になります。

2等の4万元~5等の1千元の当たる確率

当選番号は、2等7ケタ→6等3ケタとケタ数が減ります。

7ケタ~3ケタの当選確率も、上の8ケタと同じ理屈で、次のようになります。

  • 7ケタ 2等(4万元):0.00001%
  • 6ケタ 3等(1万元): 0.0001%
  • 5ケタ 4等(4千元): 0.001%
  • 4ケタ 5等(1千元): 0.01%
  • 3ケタ 6等(200元) : 0.1%

6等の200元が当たる確率

6等は3ケタなので単純計算すると当たる確率は、0.1%(1,000枚につき1枚)なのですが、6等は毎回当選番号が5-6組あります。

なので、当選確率は次のようになります。

当選番号が5組ある場合、0.5%(レシートくじ200枚につき1枚)

当選番号が6組ある場合、0.6%(レシートくじ約167枚につき1枚)

※2019年9・10月分の当選番号は200元の当選番号が6組ありました。

特賞~6等のすべての当選確率

以上を全部合わせると、レシート宝くじ1枚が当たる確率はこうなります。

特賞~6等 全部合わせた当選確率はこのくらい⁈

6等の当選番号が5組ある場合:

 0.511115%(約196枚につき1枚の当選確率)

6等の当選番号が6組ある場合:

 0.611115%(約164枚につき1枚の当選確率)

私自身の当選確率は、今このくらいです

台湾のレシート宝くじ

2019年5-6月分で集めたレシートはだいたい150枚ありました。

このうち、2枚当たりました!

・5等1,000元1本

・6等200元1本

2019年09-10月分で集めたレシートは、158枚でした。

すべてハズレでした。

2019年11-12月分で集めたレシートは、166枚でした。

・6等200元1本

なので、過去2回分は474枚中3枚が当選したことになるので、

約0.63%(約159枚中、レシート1枚が当選)

という結果になりました!

ちょっとだけ当選確率がいいようです。

電子レシートは紙のレシートより当選確率がちょっと高い

この宝くじ付きレシートには、紙のレシートと電子レシートの2種類あります。

電子レシートにすれば、当選確率がちょっと上がります!

悠遊カード等のicカードで買い物をすると、レジの店員さんに

「発票印出来嗎?(ファーピャオ / インチューライ / マ?)」

と聞かれることがあります。

これは、「レシートは印刷しますか?」という意味です。

これはつまり、「電子的な形式でレシート情報を悠遊カードに保存するのか?それとも印刷するか?」ということを聞いています。

印刷せずに電子レシートをICカードに保存してもらうと、2つメリットがあります。

電子レシートのメリット
  • レシートの宝くじ番号の発表後にコンビニの機械でスキャンするだけで当選しているかすぐに確認できちゃいます!
  • 当選自動通知の設定や当選金の自動振り込み設定もできます。楽ちん♪
  • ペーパーレスによる環境保護の促進のため電子レシートには当選番号の特別枠が設けられていて、紙のレシートよりも当選確率が高くなっています。
中国語で「印刷します!」と伝える

・印刷する場合、中国語で「印!」と言います。日本語読みで「イン!」で伝わると思います。
単に頭を縦にうん!と振ってうなずいても伝わります。

中国語で「印刷しません!」と伝える

・カードに電子保存するなら、「不用!(ブー/ヨン!)」と言います。

※中には何も聞かずにそのまま印刷する店員さんもいます。
「絶対に電子レシートにして欲しい!」という方は、会計の時に「發票存在卡片裡面!(レシートはカードに入れといて!)」と伝えましょう。

支払いの際、実際にどんなやり取りをするのか?下の動画で雰囲気をチェックしてみてください。

悠遊カードでチャージ&支払いの時、「レシートは印刷しますか?」と聞かれてます。

電子レシートにすれば、当選確率がUP↑しますので、ぜひチャレンジしてみてください。

この電子レシートの当選確認をコンビニでする方法について別記事で書いていますので、よろしかったらご覧ください。

台湾の電子レシート宝くじの当選確認をコンビニでする方法

まとめ

旅行で来られた方でも、たった1枚のレシートくじで当たる確率が十分にあることがお分かりになったと思います!

6等の200元は当たる確率が高いので、当たったら牛肉麺1杯+ドリンクくらいのお金になります。

ただ、換金期間は、発表日の翌月6日~3ヶ月間(3か月後の月の5日まで)なので、700円当たったからといってわざわざ換金するために台湾に行くことはないと思いますが。でも、

  • 2等 4万元(約14万円)
  • 3等 1万元(約3万5千円)
  • 4等 4千元(約1万4千円)

4等以上が当選したら、また行くこと「あり!」ですよね⁉

なので、レシートは捨てずに保管しておき、当選番号の発表日には忘れずに当選番号を確認してみてください。


  • この記事を書いた人

つあちゃん

現在台湾在住中。台湾で忙しく仕事をするかたわら、観光スポット巡りを楽しんでいます。台湾での旅行や生活についてメモ代わりにブログを書いています。

-レシート
-,

© 2020 台湾メモ Powered by AFFINGER5