生活

8/1、台湾本土で感染者を確認!ゼロ更新は110日でストップか⁉

8月1日、中央感染症指揮センター指揮官の陳時中氏は午後の記者会見で、今日、確認された新規感染者7人のうち、1人はベルギー国籍・洋上風力発電のエンジニアで、台湾本土(国内)での感染が確認されたことを明らかにしました。

感染経路は、今のところ不明だそうです。

このベルギー国籍のエンジニアは、台湾に入国してから2ヶ月後に帰国のため自費でPCR検査を受けたところ、陽性が確認されたということです。今のところ無症状だとのことですが、現在、濃厚接触者89名の検査が行われています。

このベルギー国籍の20代男性は、5月3日に仕事で台湾に入国し、7月29日に帰国の予定で病院でPCR検査を受けており、今日8月1日に感染が確認されています。

この男性の抗体検査の結果は、IgM陰性、IgG陽性(以前に新型コロナウイルスに罹っていた可能性が高い)と出ているにもかかわらず、これまで無症状だったとのことです。

これにより、海外からの帰国者を除く台湾国内における感染確認者のゼロ更新は、110日でストップしました。

参照先:Yahoo奇摩(即時新聞)


  • この記事を書いた人
  • 最新記事

つあちゃん

現在台湾在住中。台湾で忙しく仕事をするかたわら、観光スポット巡りを楽しんでいます。台湾での旅行や生活についてメモ代わりにブログを書いています。

-生活
-

© 2020 台湾メモ Powered by AFFINGER5