コロナ感染症関連用語 中国語ではなんて言うの?

世界中で猛威を振るっているコロナウイルス、こんなに長く続くとは思いませんでした・・・

今日は、コロナ関連で良く使う用語の中国語表現を紹介します。

ここでは台湾繁体字を使っていますが、簡体字でも同じ言い方をしますので参考にしてみてください。

スポンサーリンク

コロナウイルスとコロナ禍

コロナウイルスは

xīnxíng 冠guānzhuàng 病 bìng :コロナウイルス
シンシン・グァンジュアン・ビンドゥー

と言います。

bìng 」とは「ウイルス」のこと。

xīnxíng 冠guānzhuàng 」は一般に略して「 xīnguān」という事が多いです。

日本で使う「コロナ・コロナ禍」に相当する単語は

xīnguānqíng:コロナ・コロナ禍
シングァン・イーチン

またはもっと略して


qíng
:コロナ・コロナ禍
イーチン

でも大丈夫です。

つあちゃん

 本来「 qíng 」という語は「伝染病の発生状況」を指す名詞ですが、今は現在まん延している「コロナ」という意味で使われています。

スポンサーリンク

感染症対策

「感染症対策」や「予防対策」のことは

fángcuòshī :感染症対策 
ファンイー・ツォーシー

と言います。

「防疫措施」 の中でも代表的なものが

shèjiāo :ソーシャルディスタンス
シャージャオ・ジーリー

ですね。

例えば、

rénbǎochí 1 shàng

日本語訳:1メートル以上のソーシャルディスタンスを保つ

という表現がよく使われます。

また、よく見かけるスローガン的な表現に

dàikǒuzhàoqínshǒucháng 通tōng 風fēng
チンコウジャオ・チンシィショウ・チャントンフォン

日本語訳:マスクをかけ、手洗いをし、換気に心がけよう

というものがあります。

他にも

shǎowàichūshǎohuìshǎocān
シャオワイチュー・シャオジーフォエ・シャオジーツァン

日本語訳:外出・集会・会食を極力少なく

という表現もよく目にします。

ワクチン

ワクチン関連の中国語も紹介していきたいと思います。

miáo :ワクチン
 イーミャオ

miáojiēzhǒng :ワクチン接種
 イーミャオ・ジエジョン

xīnguānmiáojiēzhǒng :新型コロナワクチン(の)接種
 シングァン・イーミャオ・ジエジョン

ワクチンを打つという場合、動詞は「打」で

miáo :ワクチンを打つ
ダー・イーミャオ

です。

miáolema:ワクチン打った?
ニー・ダー・イーミャオ・ラマ?

一回目、二回目という表現は

miáo:1回目(ワクチン)
 ディ・イー・ジィ

èrmiáo:2回目(ワクチン)
 ディ・アー・ジィ

または

zhēn :1回目(ワクチン)
ディ・イー・ジェン

èrzhēn :2回目(ワクチン)
ディ・アー・ジェン

といいます。例えば

wánzhēnmiáohòu, chū現  xiànfǎn  應yìng

日本語訳:一回目(のワクチン)を打った後、副反応が出た

と言います。


-中国語